五等分の花嫁コラボ開催中!

【D4DJ】アニメ第3話の感想とストーリー【First Mix】

【D4DJ】アニメ第3話の感想とストーリー【First Mix】

D4DJ(FirstMix)のアニメ第3話『Only Me』の感想とストーリーです。画像付きでアニメのあらすじや評価などもまとめています。

第2話第4話
スポンサーリンク

アニメ第3話のストーリー

完成〜

まるでラブラバみたいに暗い部屋でパソコンにかじりついているむにちゃん。新作の絵ができてSNSに投稿すると、いいねとリツイートされまくっている割と有名な絵師さんみたいです。

むに
「まったく、むにちゃんのよさがわからないやつがまだいるとは」

しかし一部のファンからの辛口の批評が…すかさずミュートするむにちゃん。

むに
「むには、褒められて伸びる子なんだから」

むにちゃん、絵上手!

幼いころのりんく?
「むにちゃんすっごーい、むにちゃん天才かも〜!」

いや褒めすぎww 幼い頃から褒められ続けられるという歪んだ愛情によって、屈折した少女になってしまったむにちゃん……

幼いころのりんく?
「あのねむにちゃん、私ね……」

私ねの後の言葉が思い出せないむにちゃん。

そして前回の「DJマッシュとリンク」のパフォーマンスを思い出すのでした。

スポンサーリンク

ボーカルの子、りんくって言ったっけ?

モブ
「ねえ昨日の見た?」

真秀とりんくのパフォーマンスの翌日。学校内で話題になっている様子。クラスで話し声が聞こえてきます。りんくが褒められているのを聞いて、なんか文句ありげなむにちゃん。

むに
「これはお手洗いに行くだけで、その途中で偶然隣の教室をちらっと覗いちゃうだけで……」

謎の言い訳をしながらりんく達の様子を伺うむにちゃん。するとそこに

りんく
「真秀ちゃーん!」

でかい声で真秀を呼ぶりんくが現れました。そして大慌てで逃げるむにちゃん…

そして仲よさげな二人を遠目にすね始めましたw

ほっぺにおべんと付いてるよ

2人仲良くお昼ごはんを食べているりんくと真秀。一方ひとりで肉まんとドクターペッパー的なものを食べているむにちゃんの切なすぎる絵…仲間に入れてあげて…

そして放課後。喫茶バイナルにてひとり、絵を書いているむにちゃん。すると…

真秀
「あちゃー急に振ってきたねー」

むに
「ななな、なんでりんくが…?」

雨宿りにりんくと真秀がやってきました。姿勢を低くして姿を隠すむにちゃん。

天野愛莉
「お好きな席にどうぞ」

真秀
「ここにしよっか」

むに
「よりによって隣!?他にも席いっぱい空いてるでしょ!」

今まで入ったこともなかったというのにまさかの鉢合わせをしてしまう3人。

スポンサーリンク

次のパフォーマンスのフライヤーなんだけどさ

真秀
「まあデザインだけなんだけど」

むに
な、何あれ!?近所に貼ってあったら怖い系の張り紙!?

前衛的でもありホラー要素もあるすばらしい張り紙を作り上げた真秀。目がチカチカします……

りんく
「なるほどー!なかなかいいと思う。けどもっと派手な方が目立つかも!」

真秀
「じゃあ、この辺を…」

ケイオスを表したかのような物体をさらに派手にしようとする2人。すばらしいセンスを持っています!

むに
「全然いい感じじゃなあぁぁぁぁぁぁい!!!」

真秀とりんくに誰こいつみたいな目で見られるむにちゃんw

むに
「しまった…!つい…」

もしかして、むにちゃん?

りんく
「やっぱりむにちゃんだー!」

むに
「何でこんな事態に…」

むにのことを知っているりんく。そしてむにちゃんも巻き込まれることに。

真秀
「へぇーりんくの幼馴染なんだ」

りんく
「そうだよ、ちっちゃいころは一番の仲良しだったんだ!」

実はむにちゃんとりんくは幼馴染だったことが判明します。

真秀
「で、あたしの描いたフライヤーになにか言いたいことあるみたいだけど?」

むに
「あ、あの、それは…」

りんく
「むにちゃん、絵がすっごくうまいんだよ!だからアドバイスもらおうよ!」

手伝ってもらう雰囲気に…

むに
「えと、まずはとにかくごちゃごちゃしすぎ…かな」

りんく
「確かにそうかも」

手のひらを返しまくるりんくw そしてむにちゃんの批評もノッてきてボロクソに言われてしまう真秀。

真秀
「あーもう!わかったわよ!けどそこまで言うからには、あんたはこれよりもーっとすごくて、もーっとセンスいいのばっちり描けるんだよな!」

むに
「あ、いや……」

りんく
「描いて描いて!私むにちゃんが描いたのみたい!」

むに
「わ、わかったわ…」

書く流れになってしまいました…w

スポンサーリンク

これでいいかな…

むに
「こんな感じなんだけど…」

サクッとすごいフライヤーを描きあげるむにちゃん。めちゃめちゃいい!そして不満そうな真秀w

りんく
「私はとっても良いと思うんだけど」

真秀
「…私も…良いと思う…」

「てか、これ…クールだよ!センスありすぎじゃん!」

最初は不服そうな真秀でしたが、むにちゃんのセンスに脱帽、クールすぎるとべた褒めです。

真秀
「これ、使わせてもらっていいかな?」

むに
「べ、別にいいけど。そっちがどうしてもって頼むなら…」

そしてむにちゃんのフライヤーが正式に使われることになりました。

むに
「何で私がこんなことを…」

帰宅し、家でさらにフライヤーの修正をしているむにちゃん。机の上の小さな箱を開けると…

なんと中からりんくの貝殻が出てきました。むにちゃんも過去に買収されていたのです…

むに
「まあいっか!」

嬉しそうにフライヤーを書き続けるむにちゃんでした。

むにちゃんの名前が入ってないよ

むに
「じゃーん」

2人
「おおーーー」

修正後のフライヤーをさも自身ありと見せるむにちゃん。

真秀
「できが良いのは認めるしか無いわね…」

りんく
「私もバッチグーだと思うけど…これ、むにちゃんの名前が入ってないよ?」

フライヤーにりんくと真秀の名前しか入ってないことをツッコむりんく。

むに
「は?これ、あんたたちのパフォーマンスのフライヤーでしょ?」

そのとおりですw

りんく
「実はね、今日のお昼、真秀ちゃんと次のパフォーマンスではどんなことしたいか相談してた時に…」

りんくは「ピキピキ」のパフォーマンスのように、絵がバーってなるのをやりたいらしく、いわゆる「VJ(ビジュアルジョッキー)」を取り入れたいと真秀と相談していたのでした。

りんく
「むにちゃん!ビジュアルセンスはバッチリだよね!だからVJできないかな?」

むに
「いきなりそんなこと言われても…」

困惑するむにちゃんと、絵が書けたりデザインができてもそれとこれとは別だと真秀もなだめています。

真秀
「いくら幼馴染でも、あんま無理言っちゃ悪いよ」

「だからさ今回はVJ諦めて2人だけでやろ。りんくとあたしの2人なら絶対うまく行くからさ」

スポンサーリンク

できなくはないかもしれないわよ…

むに
「りんくがどうしても私と一緒にやりたいって言うなら、一緒にやってあげても良いわよ…」

真秀
「えっ…いや、でも」

りんく
「ほんとに一緒にやってくれる?約束だよ!」

流れでやることになってしまったむにちゃん…大丈夫でしょうか。

VJ講座

真秀
「あたしも人に教えられるほど詳しいわけじゃないから、とりあえず、これ見て」

とりあえず、いきなりVJをやれといってもわからないので謎の動画を見せる真秀。

ジェニー
「VJっていうのは簡単に言うとDJの映像版かな」

かえる
「それじゃわかんないよ!」

映像でいろいろ勉強して早速夜中に映像を作るむにちゃん。健気です。

真秀
「えっ、オリジナルの素材作ったの?」

むに
「ソフトの使い方もだいたいマスターしたわ」

真秀
「お前、すごいな…」

機械については長けているむにちゃん。心強い仲間ができました。そして各々が本番に向けて準備を始めます。

スポンサーリンク

なんでVJOnlyなの?

真秀
「いまさらなんだけどさ…」

むに
「むにちゃんは、”無二”ちゃんだけにせかいで 唯一無二のオンリーワンの存在だからねー。だから「VJOnly」ってわけ」

真秀
「へぇー…」

唯一無二の計り知れないGOLDってわけですね…

そしてその夜…

子供A
「嘘!むにちゃんがお姫様役やるの!?」

子供B
「ちゃんとできるのかなー」

子供C
「あの子声ちっさいし、無理じゃない?」

嫌な夢を見て目を覚ましてしまうむにちゃん。小さい頃に嫌な思い出があるのですね…

むに
「なんで今になってこんな夢…」

「そっか、今日りんくたちと…」

むにちゃんが一緒でないとダメ!

約束の時間になっても現場に来ないむにちゃん。心配して連絡をしますが、電話に出ません。

真秀
「ビビっちゃったんだろうな…」

「たまにあるんだよ、出番直前になって逃げ出しちゃうのが」

りんく
「そんな…」

今回はむにちゃん抜きでなんとかやろうという真秀。しかし…

真秀
「流す映像のパターンは事前に貰っているから、それ曲とリンクさせて流せば、一応格好はつくし…」

りんく
「ダメだよ!むにちゃんと一緒にやるって約束したもん!」

「むにちゃんが一緒でないとダメ!!」

そしてむにちゃんを探しに走り出してしまいました…

りんく
「むにちゃん、どこ行っちゃったの…?」

「もしかして…!」

どれだけ学校内を探してもまったくみつからないむにちゃん。しかし真秀の本番前に逃げ出しちゃうという言葉にピンと来るりんく。

そしてステージでは…

真秀
「やるしか、ないか…」

一人残された真秀。本番の時間だというのにパフォーマンスが始まらず、オーディエンスも動揺しています。

スポンサーリンク

私、あのころから全然変わってない…

むに
「こんなところで何やってんだろ…」

「私、あのころから全然変わってない…」

公園の遊具の中で縮こまっているむにちゃん。小さい頃にも本番前に怖くなって逃げ出してしまったようです。でもその時に声を書けてくれたのがりんくだったという。

りんく
「やっぱり、ここにいたんだ…」

むに
「りんく…何で…」

りんく
「だって、約束したから!」

「むにちゃん、一緒にいこ!」

そして今回も暗闇の中のむにちゃんに手を指し伸ばしたのはりんくだったのでした。

手を取りステージに向かいます。

場をなんとか持たせていた真秀。そしてりんくとむにちゃんも無事に袖に現れました。

手をつなぎ、ついにステージに立つときが来ました!

楽曲は『気分上々↑↑』で、ステージにはむにちゃんが作った映像が流れています。3人でのパフォーマンスは無事に終わりを迎えます。

信じて待っててくれたんだね!

真秀
「ま、つなぐのがDJの役目だからね」

真秀
「むに!」

むに
「な、何?」

真秀
「締めのハイタッチ、3人でやるよ!」

むに
「私も…?」

自分もハイタッチするということに驚くむにちゃん。そして

3人
「せーのっ!」

これで正式に3人目の仲間として、むにちゃんも認められたのでした。

スポンサーリンク

アニメ第3話の感想

むにちゃん参戦!

ハピアラの3人目の仲間としてむにちゃんが参戦しましたね。パフォーマンス前の逃げ出したりと弱い面があるむにちゃんですが、そこにいつもりんくが手を差し伸べてきたのでした。

最後まで諦めないで、仲間を信じられるりんくの姿勢に全俺が泣き崩れた回でした。真秀ちゃんも普段はツンツンしてるけど、絶対りんくが連れ戻すと信じて場をつなぐところとか、ほんといい子。

ハピアラはなんか純粋に良い子って感じの子しかいなくて、見ていて笑みがこぼれてしまいますよニチャア

来週は麗ちゃんが物語に関わってくるようで楽しみですね。

スポンサーリンク

関連記事

▶︎グルミクTOPに戻る
ランキング関連
D4DJ(グルミク)最強キャラランキング最強キャラランキング総合力ランキングと一覧総合力ランキング
リセマラ当たりランキング最新版リセマラランキング高速リセマラのやり方|効率的な方法は?高速リセマラのやり方
ガチャのおすすめ|どれを引くべき?今はどのガチャがおすすめ?ガチャの確定演出と排出確率ガチャの確定演出と確率
最新情報・アプデ情報
生放送情報まとめアプデ情報
アニメFirst Mixの感想とストーリー
【D4DJ】アニメ第1話の感想とストーリー【First Mix】第1話アニメ第2話の感想とストーリー第2話【D4DJ】アニメ第3話の感想とストーリー【First Mix】第3話
アニメ第4話の感想とストーリー第4話【D4DJ】アニメ第5話の感想とストーリー【First Mix】第5話【D4DJ】アニメ第6話の感想とストーリー【First Mix】第6話
アニメ第7話の感想とストーリー第7話アニメ第8話の感想とストーリー第8話アニメ9話の感想とストーリー第9話
アニメ第10話の感想とストーリー第10話アニメ第11話の感想とストーリー第11話アニメ第12話の感想とストーリー第12話
アニメ最終回(第13話)の感想とストーリー第13話『D4DJ First Mix』アニメの放送はいつから?アニメ放送はいつから?-
キャラ情報
キャラと誕生日の一覧-
イベント
五等分の花嫁コラボホロライブコラボ
モンハンコラボ太陽と月の湯けむり紀行
ハッピーサプライズ大作戦ハロウィンイベント
初心者向け情報
ボルテージの回復方法限界突破の必要素材
リリース日はいつ?
タイトルとURLをコピーしました