モンハンコラボまとめはこちら!

【D4DJ】アニメ第8話の感想とストーリー【First Mix】

アニメ第8話の感想とストーリー

D4DJ(FirstMix)のアニメ第8話『Dear Friend』の感想とストーリーです。画像付きでアニメのあらすじや評価などもまとめています。

スポンサーリンク

アニメ第8話のストーリー

真秀ちゃん遅いー

先週に引き続き、浮かない表情の真秀。部室のドアを恐る恐る開けると…

りんく
「真秀ちゃん遅いー」

真秀
「ご、ごめん…」

いつもどおりりんくが話しかけてきます。

りんく
「で、で新曲は完成した?」

真秀
「いや、まだ…」

りんく
「えぇーー」

ふくれっ面になるりんく。かわいいw

むに
「もともとクリパで演るつもりの曲だったんでしょ?とっくに出来上がっててもいいんじゃない?」

真秀
「まぁ…それはそうなんだけど…」

バツの悪そうな真秀。しかしみんなは早く新曲がやりたいと軽く煽ってきます。

ピキピキのクリパのあとから、ずっとテンション高いですね


「りんくさん『Peaky P-key』のクリパのあとから、ずっとテンション高いですね」

むに
「あれで相当、刺激受けちゃったって感じ?」

響子に誘われたライブでサプライズ出演をしたときから、やる気が出まくっちゃっているりんく。

りんく
「次のライブ、新曲バッチリ決めて最高のにしようね!」

むに
「もち!」

真秀
「そうだね…」

やはり何か引っかかっている様子の真秀でした…

スポンサーリンク

新メンバー入れるとかそういう話?!

その夜、自宅で曲編をしている真秀ですが、なかなか作業が手に付かない様子。そして終始ため息を付いています。というかため息を付きすぎています。

そして「ピキピキクリパ」でエゴサを始めてしまいました。

SNS1
「サプライズでステージに上った子、良かったよね」

SNS2
「りんくと『ピキピキ』のコラボ、また見たい!」

ソーシャルネットのやつらのつぶやきをみて、またテンションが下がってしまう真秀でした。

絵空
「それで、新しい子は誰入れるか決めたの?」

ジェニ由香
「んー、だいたい候補は絞ったんだけどね」

真秀
(なになに、これってもしかして、新メンバー入れるとかそういう話?)

中庭で絵空とジェニ由香の会話を盗み聞きする真秀。

ジェニ由香
「やっぱほら、一応バランスとかさ」

絵空
「バランスって、こないだ試してみてバッチリだったんでしょ?」

ジェニ由香
「けどー、みんなとの相性もあるしー」

絵空
「いつまでも悩んでたってしょうがないよ?ネットの評判も良いみたいだし、決めちゃえばー?」

真秀
(あっ!?)

話を聞くほど落ち着いていられなくなる真秀、ついに立ち去ってしまいました…

絵空
「けど以外、由香がソシャゲにハマるだなんて」

なんとソシャゲの編成の話でした!しのぶがやっているのを見てハマったんだとか。てか、こんな噛み合う?w

頑張ってるね

響子
「ほい、差し入れ」

りんく
「え、どうして?」

ダンスの練習をしているりんくを見つけて差し入れを持ってきた響子。

響子
「次のライブ、また新曲やるんだよね?」

りんく
「うん!まだ完パケしてないんだけど、すっごくいい曲で、今からステージやるのが楽しみで」

非常に張り切っているりんく。そして今度はりんくが響子をライブに誘いました。

りんく
「私、響子ちゃんにクリパに呼んでもらって、すっごく良いモノもらっちゃったから、そのお返しがしたくて」

「あ、あのーちょっと相談したいことが…」

そして何やら相談があるのとのこと。

スポンサーリンク

まさか…ね…

真秀
「まさか…ね…」

その夜、風呂で絵空とジェニ由香の会話を思い出す真秀。

さすがダイナマイ…そして次の日。

真秀
「うぅ…眠れなかった…」

目の下にすごいくまを携えて登校してきた真秀。コーヒーでも飲むかと中庭に来ますが…

昨日のことを思い出して場所を変えます。

真秀
「たまには気分を変えて、こっちにするのも…」

そして食堂に来ましたが…

りんく
「それじゃあ!」

響子
「うん、OKだって」

りんく
「良かったー。このこと、みんなには内緒に

響子
「わかってるって」

真秀
(みんなには内緒ってーーーー!りんくやっぱり「ピキピキ」に!!)

なんと、りんくと響子が話している場面に出くわしてしまうのでした。しかも何やら怪しい雰囲気。そしてまたもや立ち去ってしまうのでしたw

その後、りんくが部室に戻ると

りんく
「真秀ちゃんは?」

むに
「今日こないってさ」

新曲を作るために集中したく、自宅作業にしたということでメンバーには話が通っていました。

むに
「一応、曲のイメージ合わせで素材は揃えてるけどさ、そろそろ曲FixしてくんないとVJとしては困るんだよねー」


「真秀さんも少しでも良くしようと頑張ってくれてるわけですから」

なんとものんきなむにちゃんw

そしてりんくもここで異変に気づきます。

気分転換したほうがいいかぁ

自宅作業にした真秀ですが、結局作業は進んでいません…そこで気分転換に喫茶に行くことに。

愛莉
「いらっしゃい、お友達もう来てるわよ」

そこには一人でパフェ食ってるりんくがいました。

りんく
「奇遇だね、真秀ちゃん」

「新曲の作業大変そうだけど…」

真秀
「あぁ、うん、ちょっと詰めのとこで迷ってるっていうか…」

りんく
「何か手伝えることあるなら」

真秀
「大丈夫、大丈夫!アイデア出しでは助けてもらったし、ほんと後少しのとこまで来てるから」

「大丈夫、大丈夫…」

なんとも微妙な雰囲気が流れています。これにはマスターも動揺。

スポンサーリンク

なんか、あたしたちに隠してることない?

真秀
「あのさ、りんく…なんか、あたしたちに隠してること…ない?」

ついに本題に入った真秀。

りんく
「な、なないよ!隠してることなんてほんとなんにも無いから!」

明らかに動揺しているりんく。真秀も本格的に察してしまいました。

寝ちゃってた…

ソファで丸くなって寝ているしのぶ。寝方の癖。

しのぶ
「酸素足りない、」

例の窓を開けるしのぶ。その時くしゃみをした拍子にハンカチを落としてしまいました。

真秀
(りんく、やっぱり響子さんに誘われて「ピキピキ」に)

そこに通りがかったのは真秀。しのぶのハンカチが顔面にヒットw

しのぶ
「ああぁごめんなさい」

真秀がハンカチを返してあげると、お礼にお茶でもと家に上がることに。

真秀
(ここが、DJくのいちの部屋…)

しのぶ
「さっきのお礼って言ったでしょ、遠慮しないで」

同じDJ通し、真秀の憧れでもあるDJくのいち。

真秀
「これ貰う代わりにひとつ質問してもいいですか?」

「うちのりんくが『Peaky P-key』へ加入するってほんとなの?」

核心に迫る真秀。

しのぶ
「さぁ、少なくとも私はまだ何も聞いてない」

「でも、もし響子がそうしたいのなら、私は考えてみてもいいかなと思ってる。響子は私にとってそういう存在だから」

この2人いったいどういう関係なのでしょうか。

スポンサーリンク

だったら引き止めればいいじゃない

しのぶ
「あんた、その子に行ってほしくないの?」

真秀
「それは…もちろん」

だったら引き止めればいいと、しのぶに言われます。

真秀
「クリパの時『Peaky P-key』と一緒にステージに立ったりんく、すっごく輝いてた」

「もしかしたら、私達と一緒にやってるときより…」

「だからもし、りんくが『Peaky P-key』でやっていくほうが、それがりんくにとって良いのなら…私、邪魔をしたくない…!

しのぶ
「あんたの答え、もう出てるじゃない」

「もしあんたがその答えに満足してないなら、やることは一つ」

「あんたたちのユニットが『Peaky P-key』を超えればいい」

冷静に真秀にアドバイスをするしのぶ。真秀も支えになったでしょうか。

私の柄じゃなかったな

しのぶ
「ああいうこというの私の柄じゃなかったな。けど、あれで諦めちゃうなら次につながらない。上がっていけない」

「繋げたい、高みに上ってく。それがDJ」

DJの先輩として真秀にアドバイスをしていたしのぶ。

しのぶ
「私が曲を作り始めたのは小学生の頃だった。じいちゃんがやってたのを見様見真似でやってみたら、いつの間にかできるようになっていた」

小学生から曲を作り始めて、周りにすごいと言われていたしのぶは、ほんとにすごいのか確かめるためにネットにアップし始めたといいます。そして響子と知り合い、響子の作った曲を聞き、悪くないと思ったが自分のが上だとも思っていたと。

スポンサーリンク

入ったばかりの中学で出会うことになるなんて

しのぶ
「私とユニット組みたい?」

響子
「だめ…かな?」

しかし最初はレベルの違いから断ったのでした。しかしそこから諦めず、毎日曲を送ってくるようになったのです。その曲もだんだんレベルが上がっていき…クリスマスの1週間前。

その日に送られてきた曲はとても尖ったものになっていました。そして響子のプレイングもオーディエンスを置いてきぼりにするほど走っていたのです。これがとてももどかしかったしのぶ。

しのぶ
「さっきのプレイなんなの?」

響子
「そうだよね、私、今日はぜんぜんだめだった…」

しのぶ
お前の曲はピーキーすぎんだ。ちゃんと流れを作って、ここってところで書けないとうまくはまらない」

「だから、これからは私にかけさせろ!!」

響子
「…それって!!」

こうしてクリスマスイブの夜に2人だけのパーティを開いた響子としのぶ。最高にアガった夜になったと。

響子
「しのぶは私の作る曲がピーキーだって言ったけどさ、しのぶは存在そのものがピーキーだよね」

しのぶ
「どういうことよそれ」

響子
「私もピーキー、しのぶもピーキー。2人でピーキーピーキーってのはどう?」

「輝かせたいやつがいるなら、自分も輝かなくちゃダメなんだ…」

これがピキピキの誕生秘話です。真秀に自分と重なる部分を感じたのですね。

Happy Around Days

自分のパートをしっかり歌い上げる真秀。

新曲の『Happy Around Days』を披露したハピアラ。パフォーマンスはいつもどおり最高です。

そして楽屋に戻り、いつもどおりハイタッチをするみんな。するとドアをノックされます。入ってきたの他でもない響子で、警戒する真秀。

響子
「はい、これ」

りんく
「ありがとう!」

響子が持ってきたのは

りんく
「ほら、私達おそろい!」

「私、ピキピキのクリパですっごいプレゼントもらったから、その時の素敵な気持ちをみんなにもおすそ分けしたくて!」

真秀
「けど、どうしてこれを響子さんが?」

なんと響子はハロハピに上げるプレゼントの相談に乗っていてくれただけでした。

真秀
「それじゃあ、あれは…」

今までの心を悩ませていたものが杞憂だったことを悟り、泣き出してしまう真秀。

りんく
「え、ええどうしたの真秀ちゃん!何で泣いてるのー!!」

とにかく何事もなく、丸く収まってよかったw

スポンサーリンク

アニメ第8話の感想

隠し事は良くない

ふくれっ面のりんく

今回の『D4DJ』は隠し事は良くないと知らしめてくれた回でした。りんくがサプライズを図っていたばかりに精神的に辛かった真秀。まあ結果的になんもなかったので、よかったのですが、逆になんともなさすぎてシリアス回にしては弱かったような…

もしかしたら今後にもう1波くらいあるかもしれませんね。

来週はついにフォトンメイデンがしっかり出てくるみたいですが、一体どうなることやら。てかあと少しで終わりが近いと思うと寂しいですね…

ピキピキの結成秘話もヨシ!

途中でしのぶの語りによって「ピキピキ」の結成秘話が明かされましたが、響子の猛烈なアタックに対して、徐々に心が動かされていき、最終的にツンデレを決めるしのびん可愛かったw

2人でやるクリスマスパーティって気まずそうだけど…

スポンサーリンク

関連記事

▶︎グルミクTOPに戻る
ランキング関連
リセマラ当たりランキング最新版リセマラランキングD4DJ(グルミク)最強キャラランキング最強キャラランキング
高速リセマラのやり方|効率的な方法は?高速リセマラのやり方ガチャのおすすめ|どれを引くべき?今はどのガチャがおすすめ?
ガチャの確定演出と排出確率ガチャの確定演出と確率
最新情報・アプデ情報
生放送情報まとめ
アニメFirst Mixの感想とストーリー
【D4DJ】アニメ第1話の感想とストーリー【First Mix】第1話アニメ第2話の感想とストーリー第2話【D4DJ】アニメ第3話の感想とストーリー【First Mix】第3話
アニメ第4話の感想とストーリー第4話【D4DJ】アニメ第5話の感想とストーリー【First Mix】第5話【D4DJ】アニメ第6話の感想とストーリー【First Mix】第6話
アニメ第7話の感想とストーリー第7話アニメ第8話の感想とストーリー第8話アニメ9話の感想とストーリー第9話
第10話第11話『D4DJ First Mix』アニメの放送はいつから?アニメ放送はいつから?
キャラ情報
キャラと誕生日の一覧-
イベント
モンハンコラボ太陽と月の湯けむり紀行
ハッピーサプライズ大作戦ハロウィンイベント
序盤に知っておきたい情報
ボルテージの回復方法リリース日はいつ?
タイトルとURLをコピーしました